UFCミドル級新時代へ-クリスワイドマンvsアンデウソンシウバⅡ

衝撃的な試合でしたが、感想も書かないまま2014年になってしまいました。UFC168が全体的に素晴らしかったですが、メインのクリスワイドマンvsアンデウソンシウバⅡは結果も結果だけに長く語り継がれていく試合になりそうです。

進化したクリスワイドマン

彼がフェイクチャンピオンなのかリアルチャンピオンなのか。それを証明するための試合でした。相手もそれを証明するための最高の相手前チャンピオン、アンデウソンシウバ。UFC無敗で突き進んできたシウバにとっても唯一の汚点を消す最高の舞台でした。

現地のオッズも挑戦者であるはずのアンデウソンシウバに人気が集まる状況で、一度KO負けしたとはいえアンデウソンの勝利を信じていた人が多い形でした。

しかし、試合が始まってみればワイドマンが一方的に押し込む展開。勝利後のインタビューでもまだまだ新参者であると自分でも言っていましたが、進化中のチャンピオンであるという事が証明されました。

前回の対戦ではまったく出来ていなかったローキックのカットを1Rから見せつけ、何度もけり損なっているアンデウソン。前回通用していただけに生命線と考えていたと思いますし、ボクシング技術もグラウンド技術も高いワイドマンに対して遠い距離からローを蹴りたくなるのも当たり前でしょう。

今まではアンデウソンの底が見えずに挑戦者たちにもっと頑張れと言いたくなりましたが、今回の試合に関してはワイドマンの底が見えずに怖いくらいです。アンデウソンを相手に見せ付けた進化をもってリアルチャンピオンであるという事が証明されました。

次はクリスワイドマンvsビクトーベウフォートか

ミドル級はブラジル勢が多いですから今後の展開は心配ご無用です。まずはビクトーベウフォートと対戦という噂がもう流れていますが、テストステロンの問題がどうなるか分からないのが厄介です。

アンデウソンとは違いインファイトを好み爆発力があるタイプなのでどういう試合になるのか楽しみ。

アンデウソンの手術は成功、復帰する意思はあるよう

格闘家ほど終わり方が難しい仕事もないですよね。こればかりは他人が決めることではないですが、年齢的にも後任の育成に入っても良い頃なのは事実ですね。まずは家族と過ごせているようで何よりです。素晴らしい試合でした。

スポンサーリンク
This entry was posted in UFC and tagged , . Bookmark the permalink.