マルコス・マイダナvsエイドリアン・ブローナー結果。28戦目にして初の敗戦。

ブローナー有利の声が多い中行われたマルコス・マイダナvsエイドリアン・ブローナーですが、マイダナが勝つならこれという戦法を見事に実行し、2ダウンを奪い判定決着ながらも完勝。エイドリアン・ブローナーは28戦目にして初の敗戦。

マイダナのひたすら圧力をかけてくるスタイルに対応できず、序盤から逃げ回る展開。こんなブローナーの姿を想像していた人はいなかったと思います。確かに前回の試合では、ウェルター級転向という事もあってポールマリナッジに2-1判定と辛勝となりましたが、まさかの結果となりました。

日本においては生意気なブローナーが負けてざまぁという意見が多いようですが、現地ではどうなのでしょうかね。ライト級では輝いていて眩しすぎる程の逸材もウェルターでは霞んでしまう。それほどまでに選手層が厚く、平気で何階級も制覇できるものではないという事なのでしょう、本来のボクシングというものは。

嫌われ者のブローナーもこれでどう変わるのかがとても楽しみな所です。無敗と一敗では大きく違いますが、無敗の幻想はあっても一敗の渋さを感じるファイターというのはあまり記憶にありません。リング外での‘問題児’としては取り扱い注意ですが、リングにおいてのブローナーはまだまだ大切な逸材だと思いますし、ライト級に戻してでもなんとか再生してほしい。

ベタ足L字ディフェンスは賛否両論ですが、これを機会にブローナーには違うディフェンス技術へと進化してほしいですね。少なくともベタ足L字でマイダナのパンチをもろに受けてしまったように見えましたし。

メッキが剥がれたのか、一皮むけたのか非常に楽しみ。

動画は勝利記念にマルコスマイダナハイライト。

※追記
マイダナの試合後のインタビューが公開されましたので追加しました。何言っているのかわかりませんが…

スポンサーリンク
This entry was posted in ボクシング and tagged , . Bookmark the permalink.